News Lineup

「医学」の記事一覧

【エボラ】感染を15分で確認できるキット開発 フランス

エボラ感染を15分で確認できるキット開発 フランス

1: アンクルホールド(dion軍)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 04:54:47.57 ID・・・

エボラ感染の米カメラマン、ツイッター再開 「体験をブログに」

エボラ感染の米カメラマン、ツイッター再開 「体験をブログに」

西アフリカ・リベリアでエボラ出血熱に感染し米国に帰国して治療を受けていた米国人カメラマンが2014年10月13日、感染後初めてツイッター(Twitter)に投稿、容体は良くなっていると語るとともに、自身の体験をブログで発表する意向を明らかにした。

今話題のエボラについておまいらと話したい

エボラウィルスが世界へ

エボラ出血熱、感染者8000人、死者4000人を超え アメリカ、スペインでも患者が出た。エボラに興味のない人も、興味がある人も一緒に話そう!

【エボラ】急拡大 一か月で死者倍増 このまま倍々でいくのか

世界保健機関(WHO)は2014年10月10日、西アフリカを中心に流行するエボラ出血熱の死者(疑い例を含む)が8日までに4千人を超えたと発表した。9月5日に死者2千人を超えてから、わずか約1カ月で倍増した。

成田空港でアフリカから帰国した日本人にエボラ出血熱感染疑い か?

成田空港にエボラが上陸したのでは?とFacebookで騒動に
いつかは日本にやってくると恐れられている、非常に危険な感染病「エボラ出血熱」ですが、各国に上陸したニュースがチラホラ報道される中、なんと日本の成田空港でも感染者が発見されたのではないかとFacebookで話題になっている。

エボラ年内に28万人感染の恐れ。半数以上を隔離すれば助かる模様。人類総引きこもりで外出厨憤死

西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は、1人の患者から1・5人前後に対してウイルスが広がり続け、流行が止まらない状況だとする解析を東京大の西浦博准教授らが11日付の欧州の専門誌に発表した。 西浦氏は「この状況が続くと、最悪の場合、年内に27万7千人の患者が出る恐れがある」と警告。

【デング熱】 蚊に刺されない方法

蚊に刺される

デング熱が流行している日本国内。蚊に刺されるのを防ぐには、どうすればいいのか。自然と生物に詳しいプロ・ナチュラリストの佐々木洋氏(52)によると、「まず肌の露出を減らすのが大切。長袖、長ズボンを着用し、帽子や手袋、首にタオルやバンダナを巻くのも効果的」だという。

エボラ出血熱に感染した英国人が治癒し退院 新薬が効いた?

『ZMapp』エボラ出血熱の特効薬

2014年8月、西アフリカのシエラレオネでエボラウイルスに感染し、ロンドンの医療機関に搬送されて治療を受けていたイギリス人の男性が9月3日、容体が回復したとして退院しました。アメリカで開発が進められている未承認の薬「ZMapp」を投与されるなど治療を受けていましたが、3日、 容体が回復したとして退院。

サブコンテンツ

このページの先頭へ