News Lineup

「アフリカ」の記事一覧

エボラ年内に28万人感染の恐れ。半数以上を隔離すれば助かる模様。人類総引きこもりで外出厨憤死

西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は、1人の患者から1・5人前後に対してウイルスが広がり続け、流行が止まらない状況だとする解析を東京大の西浦博准教授らが11日付の欧州の専門誌に発表した。 西浦氏は「この状況が続くと、最悪の場合、年内に27万7千人の患者が出る恐れがある」と警告。

エボラ出血熱に感染した英国人が治癒し退院 新薬が効いた?

『ZMapp』エボラ出血熱の特効薬

2014年8月、西アフリカのシエラレオネでエボラウイルスに感染し、ロンドンの医療機関に搬送されて治療を受けていたイギリス人の男性が9月3日、容体が回復したとして退院しました。アメリカで開発が進められている未承認の薬「ZMapp」を投与されるなど治療を受けていましたが、3日、 容体が回復したとして退院。

エボラ感染が2万人超える可能性、約508億円の対策必要=WHO

エボラ出血熱への対策 WHO

世界保健機関(WHO)は2014年8月28日、西アフリカのエボラ出血熱感染者が今後2万人を超え、感染国もさらに増える可能性があるとの見解を示した。感染拡大を阻止するために、WHOは総額4億9000万ドル(約508億円)となる、向こう9カ月間の工程表を発表。現在感染が確認されているギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリアのほか、さらに10カ国に感染が広がる可能性を想定している。

エボラ致死率52%、死者1万人・感染2万人か

エボラ致死率52%、死者1万人・感染2万人

世界保健機関(WHO)は2014年8月28日、西アフリカで拡大するエボラ出血熱について、今後6~9か月で終息させることを目標とする行動計画を発表した。この中で今年初めから終息までの感染者の累計が2万人を超すとの見通しを示した。致死率は52%に達しており、死者は1万人を超える勢いだ。

【国際】西アフリカ、エボラ熱の流行で死亡者が826人に―英紙

西アフリカでエボラ出血熱の流行で約826人が死亡し、死者数は前回の疫病の2倍に相当しているという。2014年7月28日-7月30日の3日間で50人が死亡し、疫病の状況はコントロールが不能である兆しが見え、ギニア、リベリア、シエラレオネで感染のスピードがコントロールのスピードを上回った。

サブコンテンツ

このページの先頭へ