News Lineup

「宇宙」の記事一覧

米軍の気象観測衛星「DMSP-F13」、軌道上で爆発

米軍-気象観測衛星「DMSP-F13」-爆発

米軍の気象観測衛星(DMSP-F13)が2015年2月3日に軌道上で爆発、複数のデブリに粉砕を起こしたことが3月4日、ESAの発表により明らかとなった。

【火星ヤバイ】2030年から始まる火星移住計画 研究者「68日以内に死者」 その過酷すぎる環境

火星移住計画

2030年人類火星移住計画。米国航空宇宙局(NASA)がオランダの非営利団体「マーズワン」と提携し、火星への移住希望者を募集したのはご存じの方も多いだろう。世界中から20万人以上集まったこのプロジェクト、現在では100名までに絞る二次選考が終了したばかりである。

地球観測衛星「SMAP」打ち上げ成功

地球観測衛星SMAP

ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)社は2015年1月31日、地球観測衛星SMAPと4機の超小型衛星を搭載した、デルタIIロケットの打ち上げに成功。 SMAPは地球全体の土壌に含まれる水分を観測する衛星で、天気予報の精度改善や、災害の防止などに役立てられる。

【UFO】フランス、パリ郊外の空に謎の三角形が出現(動画あり)

パリ(フランス)郊外のマウント・ヴァレリアン上空に謎の物体が出現。映像が2015年1月11日、ネットに出回った。撮影者によれば、その物体は三角形で、空とぶ雲に似ているという。

おまいら月がキモイですよ。2014年9月9日は今年最後の「スーパームーン」

9月8日は旧暦の8月15日に当たる「中秋の名月」。 佐賀市諸富町の筑後川昇開橋では、赤い橋げた越しに、ほぼ真ん丸に膨らんだ月が浮かび、幻想的な雰囲気を醸し出した。米航空宇宙局(NASA)の科学ニュースによると、2014年9月9日は満月が地球に近づいて大きく見える今年最後の「スーパームーン」。

【速報】 3日後に巨大小惑星が地球に激突

2014年9月8日未明に小惑星が地球近く通過 NASA発表。直径約20メートルの小惑星が、日本時間8日午前3時20分ごろに地球のすぐ近くを通過する見通しだと、米航空宇宙局(NASA)が9月4日までに発表した。小惑星は8月末に米国の天文施設が発見したばかりの「2014RC」。地球の公転軌道と一部が交差する楕円軌道を周回している。

【夢ふたたび】小惑星探査機はやぶさ2が完成……帰還は東京オリンピック終了後

小惑星探査機はやぶさ2が完成

小惑星探査機「はやぶさ2」の機体が完成し、2014年8月31日、報道関係者に公開されました。打ち上げは2014年12月ごろの予定。4年前、数々のトラブルを乗り越えて地球に帰還した日本の小惑星探査機「はやぶさ」の後継機にあたる。

(宇宙ヤバイ) 写真あり 国内最大の宇宙展・宇宙博2014がついに開幕! 一足先にその雰囲気をご紹介

国内最大規模の宇宙の展覧会「宇宙博2014?NASA・JAXAの挑戦」が7月19日にいよいよ開幕となります。会場の幕張メッセ 国際展示場 10・11ホール。

サブコンテンツ

このページの先頭へ