News Lineup

「エボラ出血熱」タグの記事一覧

【エボラが怖い】 サッカーのアフリカ選手権、開催国のモロッコが開催を拒否。

【エボラが怖い】 サッカーのアフリカ選手権、開催国のモロッコが開催を拒否。

アフリカ・サッカー連盟(CAF)は十一日、来年一月開幕予定のアフリカ選手権について、開催国をモロッコから変更するとの声明を発表した。 モロッコ政府は、国内でエボラ出血熱の感染が広がることを恐れて開催を拒否していた。

【エボラ】感染を15分で確認できるキット開発 フランス

エボラ感染を15分で確認できるキット開発 フランス

1: アンクルホールド(dion軍)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 04:54:47.57 ID・・・

エボラ感染の米カメラマン、ツイッター再開 「体験をブログに」

エボラ感染の米カメラマン、ツイッター再開 「体験をブログに」

西アフリカ・リベリアでエボラ出血熱に感染し米国に帰国して治療を受けていた米国人カメラマンが2014年10月13日、感染後初めてツイッター(Twitter)に投稿、容体は良くなっていると語るとともに、自身の体験をブログで発表する意向を明らかにした。

成田空港でアフリカから帰国した日本人にエボラ出血熱感染疑い か?

成田空港にエボラが上陸したのでは?とFacebookで騒動に
いつかは日本にやってくると恐れられている、非常に危険な感染病「エボラ出血熱」ですが、各国に上陸したニュースがチラホラ報道される中、なんと日本の成田空港でも感染者が発見されたのではないかとFacebookで話題になっている。

エボラ年内に28万人感染の恐れ。半数以上を隔離すれば助かる模様。人類総引きこもりで外出厨憤死

西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は、1人の患者から1・5人前後に対してウイルスが広がり続け、流行が止まらない状況だとする解析を東京大の西浦博准教授らが11日付の欧州の専門誌に発表した。 西浦氏は「この状況が続くと、最悪の場合、年内に27万7千人の患者が出る恐れがある」と警告。

エボラ出血熱に感染した英国人が治癒し退院 新薬が効いた?

『ZMapp』エボラ出血熱の特効薬

2014年8月、西アフリカのシエラレオネでエボラウイルスに感染し、ロンドンの医療機関に搬送されて治療を受けていたイギリス人の男性が9月3日、容体が回復したとして退院しました。アメリカで開発が進められている未承認の薬「ZMapp」を投与されるなど治療を受けていましたが、3日、 容体が回復したとして退院。

【速報】デング熱感染者、新たに19人確認…渡航歴なし(読売新聞)

デング熱

厚生労働省は2014年9月1日、デング熱の国内感染者が新たに19人確認されたと発表。居住地の内訳は東京都、千葉県、茨城県。いずれも海外渡航歴はなく、東京・代々木公園やその周辺に立ち寄るなどしていた。約70年ぶりの国内感染者が判明した8月27日以降、国内感染者は計22人。

エボラ感染が2万人超える可能性、約508億円の対策必要=WHO

エボラ出血熱への対策 WHO

世界保健機関(WHO)は2014年8月28日、西アフリカのエボラ出血熱感染者が今後2万人を超え、感染国もさらに増える可能性があるとの見解を示した。感染拡大を阻止するために、WHOは総額4億9000万ドル(約508億円)となる、向こう9カ月間の工程表を発表。現在感染が確認されているギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリアのほか、さらに10カ国に感染が広がる可能性を想定している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ